専門家に相談


タンクの中にペットボトルを入れて節水によって、トイレのつまりが起こるケースが最近では増えているようです。更に大なのに小で流すということをいつもしていると、それが原因で配管に尿石がこびり付いてしまうリスクを高めてしまうと言われています。このようなものはお湯を使用してもなんらいい解決方法とはならないでしょう。

お湯ではどうにもならないという時には、尿石除去剤を使用したりします。尿石除去効果が期待出来る商品もドラッグストアなどで購入することが出来ますので、是非一度お試しください。

そのとき、尿石除去剤を入れて長い間そのまま放置すれば便器や、配管が傷ついてしまうリスクがありますので1時間程度たったら一度水で流してください。

今までいくつか手っ取り早い対処の方法をお話しして来ましたが、トイレの汚水が多いと効果は半減してしまうものです。

汚水が多いとき、しばらく放置しておき水位が下がってからトライしてみることがポイントです。 しかし何時間待ってもなかなか水位が下がらない場合も時としてあるでしょう。

そのようなとき、プロフェッショナルの業者に依頼するための準備は出来ているでしょうか。

最終的には、トイレのつまりは、専門家に相談しなければならない時があります。あらかじめそのような業者の電話番号をチェックしておきましょう。