専門家に相談


タンクの中にペットボトルを入れて節水によって、トイレのつまりが起こるケースが最近では増えているようです。更に大なのに小で流すということをいつもしていると、それが原因で配管に尿石がこびり付いてしまうリスクを高めてしまうと言われています。このようなものはお湯を使用してもなんらいい解決方法とはならないでしょう。

お湯ではどうにもならないという時には、尿石除去剤を使用したりします。尿石除去効果が期待出来る商品もドラッグストアなどで購入することが出来ますので、是非一度お試しください。

そのとき、尿石除去剤を入れて長い間そのまま放置すれば便器や、配管が傷ついてしまうリスクがありますので1時間程度たったら一度水で流してください。

今までいくつか手っ取り早い対処の方法をお話しして来ましたが、トイレの汚水が多いと効果は半減してしまうものです。

汚水が多いとき、しばらく放置しておき水位が下がってからトライしてみることがポイントです。 しかし何時間待ってもなかなか水位が下がらない場合も時としてあるでしょう。

そのようなとき、プロフェッショナルの業者に依頼するための準備は出来ているでしょうか。

最終的には、トイレのつまりは、専門家に相談しなければならない時があります。あらかじめそのような業者の電話番号をチェックしておきましょう。

お酢と重曹


トイレットペーパー以外にも、お掃除シートがつまってしまったというケースも最近ではあるパターンです。 お掃除シートや、 流せるティッシュも最近では家庭で頻繁に使用されるアイテムです。

このようなアイテムも、放置しておけば一応溶ける素材のはずです。しかしトイレットペーパー以上に時間はきっとかかってしまうことでしょう。

そのようなとき、 お酢と重曹を使うというのも方法のひとつとして覚えておきましょう。

重曹とプラスしてお酢を混ぜることで、二酸化炭素の炭酸の泡が発生し、それでトイレのつまりを解消することが出来るかもしれません。

みなさんが緊急に出来る対処の方法としてそのようなこともトライしてみてはいかがでしょうか。そのとき重曹だけではいい効果は期待することが出来ません。

重曹50ml(1/4カップ)の次に100ml(1/2カップ)をトイレに入れて、更に次にはお湯を200ml(1カップ)入れてください。 そのまま1時間くらい辛抱していたください。

このような方法で問題解決出来ればいいのですが。更に最近トイレのつまりが起こる原因として、 タンクの中にペットボトルを入れるなどして節水のためにトイレのつまりが起こってしまうケースが増えているようです。

スッポンを使う


トイレのつまりが起こればほとんどの原因がトイレットペーパーなのです。トイレットペーパーは、お湯で溶かしてください。

ただ、そのときお湯は熱ければ効果的と考えるのは間違いです。実際にトイレットペーパーには効果的なのかもしれませんが、熱湯の場合配管や便器が破損するリスクがありますので、沸騰させない50℃くらいのお湯を使用するようにしてみましょう。

トイレットペーパーが溶けるのはいいですが更に大きなトイレのトラブルを生む原因となってしまうかもしれません。 しかし、最近では結構安いトイレットペーパーが販売されているケースもあり、そのようなトイレットペーパーは溶けないこともあると言います。海外製の安いトイレットペーパーなど特にそうであって、そのようなトイレットペーパーを使用するから、尚更トイレのつまりトラブルを起こしてしまうのかもしれません。

そのようなときにはお湯で溶かすことが出来ないので、 ご自身で出来る手っ取り早い方法は、スッポン(ラバーカップ)で引っ張るということです。

そしてスッポン(ラバーカップ)で引っ張り成功出来るのなら問題はないのですが。実際にスッポン(ラバーカップ)では無理というケースも少なくはありません。

トイレのつまり問題


私達の日常生活で頻繁にトイレのつまりは起こるものです。ラバーカップを使ってもなかなかいい効果を期待することが出来ませんし、そのようなとき本当にパニック状態になってしまう人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのとき、「溶かす」というのも方法のひとつです。みなさんは、こんなことを言えば、そんなことは出来るはずはないと思ってしまうかもしれません。もちろん固形物がつまってしまったという場合もありますので、いい効果が期待出来ない場合もありますが、一度トライしてみる価値は存在しているかもしれません。

溶かすというもののその方法が全部のモノに有効的ということではありません。溶かす方法が効果的なのは、トイレットペーパーを流しすぎたという時です。一番つまる原因の率が高いのはトイレットペーパーの流しすぎだということは、おおかたみなさんも想像出来ることではないでしょうか。

トイレットペーパーが原因で起こったトイレつまりの対処法は比較的簡単です。トイレットペーパーは、そもそも水に溶けやすい水解紙で作られている筈です。放置しておいてもそのまま溶けるはずなのです。しかし、量が相当多ければなかなか溶けるのにも時間がかかってしまうのでしょうけど。

そのようなときに、「お湯」を利用してみましょう。トイレの水よりも確実にお湯の方が溶けやすい環境を作ることが出来ます。ただしお湯は熱ければいいということではありません。更にお話しを続けます。